タイラより発信中

映画と漫画と総務の知識。

パラノーマル・アクティビティを観た。感想! お化けよりもクソ女のほうが怖い!

 どーも。タイラです。

パラノーマル・アクテビティを観ました。

 

 だいたいの概要。

 監督脚本はアメリカのオーレン・ペリというゲームデザイナーさん。

 

なんと製作費160万円くらいで撮影期間7日しかも舞台の家は自宅。

それで全世界の興行収入200億円の超大ヒット。

すごいサクセスストーリーに思わず監督に嫉妬してしまいます。

 

あらすじ!

 主人公は婚約中のカップル。

 デイトレーダーのミカ(男)と英語教師志望のケイティ(女)

は、公式HPでは平凡な一軒家で暮らすカップルとなってますが

プールがあるような高級住宅で結婚をひかえるいけ好かない二人です。

パラノーマル・アクティビティの意味が超常現象って意味の様で、

内容的にはポルターガイストが起こるホラー映画になってます。

ふとある時から家の中で不自然なことが起き始め、

その原因はケイティに昔から付きまとう「何か」の仕業だと気づいていた。

解明しようとケイティは専門家を呼び、

ミカは現象を記録しようとビデオカメラですべてを記録しようとする。

それに反発するように強大化し襲い来る不可思議な現象を二人は乗り越えられるのか。

 

素直な感想。

 もーね、お化けうんぬんよりヒロインのケイティが最低!クソ女!

みんな映画をほめてるけどそこには何も思わなかったのか!?

ケイティはホラー映画お決まりの巨乳ロングヘアーなんで、

役どころ的にはパリピのアホアホのほうがホラー的にはOKなわけです。

でもヒドイ。

最初は彼氏のミカとイチャイチャしながらも良識派に見える女性だったのですが、

物語が進むにつれて彼女のために自分なりに事象を解明しようと努力しているミカを

なじるなじる…。

しかも、普通のホラーならその家にとりついた悪霊だったり、

無差別に襲い来るモンスターが相手なわけですよ。

それならヒステリックに相手をなじるのもまあ理解はできる。

でも今回はケイティに昔からとりついてる悪霊が相手なんですよ!?

もともと無関係なのに愛する婚約者のために

自分を顧みず解決しようとさまざまな努力をして、

彼女をなだめ続けるミカに対して原因である彼女が最終的に

「役立たず!!」って叫びましたからね。

それも何回も。

そしてとりつかれて衰弱していってるはずの彼女の血色が最後まで良い。

これは役者のルックスなんで仕方ないとあきらめたほうがいいのかもしれませんが

最後までムチムチで顔もくっきり。

そして最終的にあの結末…。

ミカ、成仏してくれ。男は悲しいな。

 

f:id:agtiba:20180108092325j:plain