タイラより発信中

映画と漫画と総務の知識。

医療費控除がちょっと変わる? 概要と解説を簡単に。

 

医療費控除

 

とりあえず概要を。

のちにかみ砕いた説明をします。

 

確定申告の医療費控除とは、一定以上支払った医療費の負担を軽減するために、所得税から医療費分の該当比率分を控除して所得税を軽減する制度です。

 

「「キサマはオレを怒らせた・・・」封印されし強欲の右手(グリードグラオザーム)が疼きはじめるサラリーマン「キサマはオレを怒らせた・・・」封印されし強欲の右手(グリードグラオザーム)が疼きはじめるサラリーマン」のフリー写真素材を拡大

 

毎年1月1日~12月31日までの1年間で

納税者本人や配偶者、家族が医療費を一定以上支払った時に所得控除されます。

サラリーマンでも、無職でも、自営業でも申告できます。

またその本人と家計を共にする家族やその他の親族の為に支払った金額も対象です。

 

年間に支払った医療費の合計額―保険金等補填される金額―10万円(年間所得200万未満の人は年間所得×5%)

 

医療費が10万円未満の場合は医療控除はありません。

10万円を超えた金額に所得税率10%をかけたものが還付されます。

住民税でも同様分控除されるので同額還付されます。

上限で200万円までとなります。

 

医療費控除の対象

 

・病院、歯科の治療にかかった費用 ・薬局で購入した市販の薬 ・病院、施設への入院費、収容費(食事代部屋代)

・あんま、指圧、鍼灸師等の施術費

保健師、看護師費用

・医療用具購入費用 ・妊娠中の定期健診、検査費用 ・出産の定期検診、検査、通院、入院費 ・病院までの交通費 ・子どもの歯科矯正 ・在宅で介護保険をつかった時の介護費用

医療費控除の対象にならない物

・健康診断、人間ドッグ

・美容目的の医療

・マイカーでの通院のガソリン・駐車場代

・ビタミン剤やサプリメント購入費用

・実家で出産する為の帰省

・高額な材料を使った歯の治療費用

・クレジットカードで分割払いした時の利子

 

 

申請

 

今までは領収書が必要でしたが、平成29年分の医療費控除から領収書の提出は必要なくなりました。代りに「医療費控除の明細書」を記入して提出する事になります。

健康保険組合などから送られてくる「医療費通知」を提出すると、そのままの金額を記入する事ができます。

交通費は申告用に記録を取っておきましょう。

 

 

自営や無職のかたは最寄りの税務署で確定申告内で記入する事となり、サラリーマン等は還付申告というそれ用に申告をする事になります。

還付申告はその後5年間は有効です。

 

期間は2月15日から3月15日まで程度の間です。

 

セルフメディケーション税制

平成29年1月1日から平成33年12月31日の間に特定の健康維持の取組を行う個人※がスイッチOTC医薬品を購入し、年間12,000円を超えると88,000円まで医療費控除の対象になります。

スイッチOTC医薬品とは病院から処方されていた薬が薬局で買えるようになったものです。対象商品は「セルフメディケーション税制 厚生労働省」をググってみましょう。

 

特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診

 

申請には薬の領収書や、健康診断などを受けた事が確認出来る書類が必要です。

医療費控除と、セルフメディケーション税制は重複しては申請できません。

 

 

 

分かりやすく言うと

 

1年間の間に治療費や通院費、薬代(市販薬含)が10万円を超えた場合、その超えた分の金額の税金を控除してくれる制度です。上限は200万円です。

 

「控除」=課税対象から差し引いて税金が安くなる。ですね。

 

agtiba.hatenablog.com

 

 

一応、ルールとして10万円を超えていても出産一時金などの健康保険補助なんかがあった場合はその金額は対象となりません。そこに所得税率をかけた金額が減税されて戻ってきます。

 

たとえば100万円医療費がかかったとして出産一時金42万円を補助受けているとしたら、

100万円42万円10万円(10万円を超えた場合)=48万円

48万×所得税率10%(人によって税率は変わります)

48,000が戻ってきます。

 

同じように住民税も減税されて戻ってきます。

こちらは税率10%となっています。

 

申請の仕方としては

2月15日~3月15日ぐらいの間で確定申告が行われているので、その間に税務署に行って申告します。

自営業とか無職の人は確定申告の一部として行いますが、サラリーマンの人は医療費控除単体で申告します。

今までは領収書が必要だったのですが、今回から必要なくなっています。

健康保険から送られてくる医療費のお知らせ(明細)を参考に記入しましょう。

他、市販薬や交通費なんかはメモを取っておいて利用してください。

 

対象になるのは上記の通りです。

 

 

今回からセルフメディケーション制と言うのが始まってます。

健康診断や予防接種を受けていた人が、病院の薬から指定の市販薬に切り替えた場合に12,000円を超えれば88,000まで控除の対象となります。

 

申請には健康診断等を受けたっていう書類が必要になります。

指定の市販薬は厚生労働省のHPに記載されています。

セルフメディケーション税制 厚生労働省」を調べてみましょう。

ただ、これは医療費控除と両方はできません。

 

 

10万以上も医療費がかからないのが理想ですけどね。

みなさん健康には注意していきましょう。