タイラより発信中

映画と漫画と総務の知識。

二話 細やかな日常を愛(め)でる者。

堤妙子

妙子は2年C組に在籍しているクラスでも目立たない方の女生徒である。

妙子は自分の名前を気に入っている。

通常に読み下すと妙な子と言う意味になるので

幼少の頃は嫌っていたが「絶妙」と言う言葉があるように、

素晴らしい、珍しい、そう言う意味もあるのを両親から聞かされてからは

良い名前の様に感じるようになった。

また、その良い意味を他の皆が知らず

自分だけがひっそり自分には素晴らしい、珍しい、

と言う意味があるのを知っているのが誇らしかった。

実は顔は目がパッチリして小動物顔でかわいいのだが 本人のおとなしさがそれをかき消していた。 黒髪おさげを二つ下げて黒縁眼鏡をかけ制服を校則どうりにカッチリ着こなす。

成績は中の上くらい数学が苦手で国語が得意である。

背の小さな小心者でマンガや小説、本が好きで地味な女子。

 

その妙子がクラスの後ろから二番目の席からエイジの姿を見た時に 彼女は困惑し途方に暮れ、机に突っ伏した。 目線を悟られるのを防ぐため本で顔を隠しながら何度も何度も

目を皿の様に広げて転校生を見返しては何かの間違いである事を望んだ。 この学校では何らかの委員会に所属しなければならず、 彼女はもう一人の男子生徒と図書委員を務めていた。 しかしその男子生徒が先日に家庭の都合で退学した為、 必然的にエイジが図書委員に決定する事となる。 「あの金髪くんと二人で図書委員、、、。」 妙子には想像もつかなかった。 妙子の世界にはあんな種類の人間が入ってきたことはない。 マンガの中ならああいうのもキャラが立ってていいが 現実世界で利害関係や義務が絡むと途端に厄介な存在である。 この後話しかけて説明しなければならない。 できれば友好関係を保てる程度の人物であってほしい

そういう薄い望みを抱きながら妙子は席に座って逡巡して考えた。 金髪 ピアス 夏なのに学ラン チェーンアクセサリー あの態度 ていうかギター。

なぜギター? 無理だ。

あんな人が本を読むわけがない。大事にしてくれる訳がない。 前任の男子生徒は本の好きな優しい人だった。

勉強して進学を望んでいたが父親が戦争で負った怪我の後遺症で亡くなった為、

家計が苦しくなり小さな妹もいる彼は高校を辞めて働かざるを得なかった。

退学のその日彼は

「読書や勉強なら、学校に通わなくてもできるさ。」

と笑っていたのが心に痛かった。

今、無条件に享受している生活は

この時代、いつ自分の手からなくなるかもしれない貴重な物なのだ。

委員会活動ができるだけでも大事にしたい。

ささやかな自分の宝物のような日常なのだ。

あの金髪の彼に台無しにされたくはない。

でも、無理でも怖くても分かってもらわなければならない。

後回しにすると勇気も出なくなるしハードルも高くなる。 ホームルームが終ったら話しかけよう。 そう決意すると、担任に促されて一番後ろの空いている席に着こうとするエイジを 本越しに自分でも気づかずにじりじりと睨みつけた。

そんな妙子の気持ちも知らず、

エイジは席に着くと早々に鞄から大きめのヘッドホンを取り出しギターに繋いだ。

周りを尻目に窓の方へ向きかえり、1人足でリズムを刻み、頭を振りながら

「アォッ!」

「イェア!」

と小声で呟きながらギターをチャカチャカ弾いた。

当然ホームルーム中である。

周りの生徒たちは机をジリジリと動かしてエイジから距離をとった。

エイジの席はちょっとした離れ小島の様相を呈していた。

担任教師は注意しても聞かないので見て見ぬふりをした。

汗をかきながら近隣で猟奇殺人が起こっている件を述べ、

暗くなってからの下校は注意するように説明していた。

灯の少ない街の闇は息が止まったように深い。

不安定な社会情勢で警察機構も整っておらず、不可解な事件も多発していた。 この近辺では猟奇殺人が連続している。 被害者は必ず10代から20代の若者で、

死体は全裸にされ無造作に路肩の草むらなどに

ゴミを捨てるように打ち捨てられていた。 朝になり主婦などが発見する。

被害者の遺体はみな内臓がすべて奪い取られた、らんどうの状態であった。 近隣の住人は自警団などを結成したが犯人はようとして見つからなかった。

子はそんな注意も耳に入らず、どう話しかけるか

どういうキャラで行けばうまくやれるのかキャラを演じる器用さなど

自分が持ち合わせていないのを忘れて考えていた。

 

ホームルームが終わる。

1時限目が始まるまでの少しの時間。

妙子は意を決して立ち上がって窓際のエイジの方へ向かった

手は固く握られて汗をかいている。

エイジの背後に立つと金髪が白く光っている。

手入れしているようでつやつやとしていた。

少し香水をつけているのかハッカのような香りがする。

エイジはギターに夢中になって気づかない。

ヘッドホンをしていて、呼びかけて気づくのかとにかく呼びかけてみるしかない。

唾をのんで肩を叩こうとした瞬間、

「何?」

エイジは瞬時にヘッドホンを外して振り返った。

「ひゃっ!!」

妙子は驚いて尻もちをつく。エイジは不思議そうにそれを見ている。

妙子は恥ずかしくて赤くして立ち上がり、

スカートのおしりの埃をパタパタとはらう。

「あ、あのね。私、図書委員でね、ああ、私は堤妙子です。よろしく。」

妙子がぺこりと軽く会釈するとエイジも

「ヨロシク。」

と頭を下げた。

妙子が続ける。

「でね、私は図書委員なんだけどね、

この学校は何か委員会に入らなきゃいけなくて、

今、図書委員しか空いてないから犬養君は…」

エイジが急に手のひらを妙子に向けて開き

ストップをかける。

「エイジって呼んでくれ。」

と言い、じっと妙子を見てくる。

妙子はあっけにとられながら

「ああ、エイジ君。それでね、図書委員会が今日の放課後に図書室であるから

参加して欲しいの。」

エイジは軽い目線で妙子を眺めながら

「……。OK、放課後だね。行くよ。」

妙子は予想外の素直な返答に驚いて

黒縁メガネの奥の眼をぱちくりさせながら

「え?いいの?」

と聞き返してしまった。

エイジはナンセンスな事を言うなと言った風に両手を広げて

「タエコ、人間皆ノーフューチャーだから出会いは大切だし読書も大好きだ。

俺はこんなナリだけど人間らしい営みを大事にしたい。」

妙子は先ほどの緊張からの解放も手伝って

「よかった!!」

と胸の前で手を合わせた。

エイジは少し笑いながら

「さっき持っていた本は「アンネの日記」かい?

ずいぶん古い本を読むね。昔、俺も読んだよ。」

と妙子の机に置いてある本を指さした。

妙子はハッと何か同志を見つけた嬉しさが湧き上がり

「そう!エイジ君も読んだの!?」

と駆け寄る。

エイジは当然といった風に

「イェア!第二のアンネは生み出してはならないと切に思ったよ。」

音はヘッドホン接続していて出ないが悲しい顔をして

ギターをチャカチャンと鳴らす。

妙子は意外と好感触なエイジにほっとしながら

「そうね。ホントそう。」

と、興奮しながらもっと話そうとすると1限目の教師が教室に入ってきた。

他の生徒達もぞろぞろと席に着く。

妙子は

「じゃ、放課後よろしくね!」

と言って席に戻った。

エイジは軽く手を挙げて応じた。

1限目のチャイムが鳴り授業が始まる。

現国のはずだったが、

なぜか科学の来栖聡志教諭が教壇に立っている。

30代前半の男性で髪は無造作に分けられた七三分け。

白衣の下は何のことのないYシャツだが

本人のルックスや人柄が清潔感を醸し出していた。

始業の挨拶をして皆が席に着き来栖が話し出す。

「おはよう。この時間は本当は現国の田島先生の時間でしたが、

ちょっと事情がありまして明日の科学の時間と交換してもらいました。」

生徒からブーイングが上がる。

「えー!教科書持ってきてねーし!」

「現国予習しちゃったよー。」

来栖は白衣のポケットに手を突っ込んで笑い、

「いやすまない!

次の科学の授業は実験にして塩と氷の温度実験でアイス作るから!それで勘弁!」

と合唱して詫びた。

生徒から歓声が上がる。

来栖はスマートな風貌と優しげで研究熱心な教師で

教師になる前は大学ではロボット工学などを学んでいた。

女生徒だけでなく男子生徒からも話の分かる先生と親しまれていた。

「今日から転入生がいるんだーよな?」

と言葉尻に合わせて指さして教室内を探す。

妙子はエイジの方を見るとエイジの席は空になっていた。

近くの窓が大きく開いていてカーテンがたなびいている。

来栖は困った顔で頭をかいて言った。

「こりゃ大変な奴が入って来たな。」

 

その時エイジは学校の壁を走っていた

よじ登っているのでなく、短距離走の様な前のめりな体勢で走っている。

右手の人差し指と中指を立てて印を結び

「降魔成道第五(ごうまじょうどうだいご)、縮地戒(しゅくちかい)」

と唱えると足先が一瞬光り

脚力だけで自分の体を押し上げてさらなるスピードで上っていた。

エイジは2階から屋上へ向かいながら牙雀に呼びかけた。

「気配はどこからだ、牙雀!」

エイジの頭の中に声がする。

「ワからん!さっき上から強烈に妖気がして急に消エた!」

エイジは上を見据えて

「ファッ〇!屋上に行っておびき出すぞ!」

速度を上げて駆け上がっていった。