タイラより発信中

映画と漫画と総務の知識。

平成30年から控除の金額が変わりまくる!

 配偶者控除の金額変更

 

以前扶養控除の説明をいたしまして、

年収103万以下

であれば配偶者控除が受けられるとの説明をしました。

 

その、103万円と言う金額が平成30年より変わります。

 

宝くじで当選した金額に税金はかかるのでしょうか?

 

とりあえず概要から行きます。

面倒な方は最後の方にかみ砕いたのを書いてありますのでそちらへ。

 

それで何でかっていうと

年収が103万以下ならば扶養控除してあげるよっていう制度だと

扶養に入ろうと考える奥さんなんかは働く量を

103万以内にセーブしますよね。

 

でも、そうすると

多くの女性(対象は女性だけではありませんが)が

あまり働きに出ない。

そうすると当然お金を稼ぎださないので

経済に利益を生み出す活動をしていないことになる。

 

高齢化で縮小していく日本経済の中で

女性の労働力も活用しやすくしていこうという事です。

 

ではまず、今までの配偶者控除をおさらいします

 

配偶者控除とは

養う必要のある配偶者のいる納税者に一定の配慮をして

収入の一定金額を課税対象から引いてあげて

税金を減らしてあげようという制度です。

 

ここから控除と言う言葉を普通に使わなければならないので

控除=一定の金額を課税金額から引いて税金を減らす」

と理解してください。

 

 

agtiba.hatenablog.com

 

 

いくらぐらい引いてもらえるかっていうと

 

基礎控除38万円……だれでも適用してもらえる控除

 

※70歳以上の人は48万

 障害者の方は38万+27万(特別障碍者は40万・同居特別障害者は75万)

 

それと

給与所得控除65万円……働いて得た収入に適用される控除

 

38万+65万=103万

 

と言う内訳です。

(給与所得控除は収入によって変わりますが

控除が適用される限度額の話なので、最低額65万)

 

 

そして今回の話題の本題

 

 

この配偶者控除103万円が150万円に引き上げられます

 

主婦の方は150万円までは働いても旦那さんの扶養内で

旦那さんの給料から引かれる税金を控除してもらえるって事です。

 

ただ、ややこしい事に

この配偶者控除っていうのは

扶養に入っていれば旦那さんの給与から税金が控除されるだけでなく

自分がその金額(150万)まで所得税を払わなくてもいいっていう意味

でもあるんですが今回の変更では

自分が所得税を払わなくていいのは103万までとなっています。

 

わかりずらいですね。

 

ですから

配偶者控除が上がったわ~

収入を149万まで増やしたとすると

(150万以下ですから149万ですよ。)

旦那さんの扶養のままではいれるし、

旦那さんの給料への課税も減らしてもらえるままですが

103万は越えているので自分への税金はかかっって来ちゃった

って事態も発生します。

 

他にも変更点があります。

旦那さんの所得にも条件が付けられてきます。

 

年収1120万円までが38万円の控除

年収1120万円を超えると26万円の控除

年収1170万円を超えると13万円の控除

年収1220万円を超えると0円

 

となってきます。

 

 

 

そして配偶者控除ともう一つ

 

配偶者特別控除

 

あんまり聞かないかもしれませんね。

私も年末調整の時くらいしか出てきません。

 

この配偶者特別控除とは何かというと

 

年収103万(H29年現在)を奥様が超えてしまった時、

超えてしまったからといっていきなり控除額0になるのでなく

141万までは段階的に控除をつけてくれる制度です。

 

一応内訳をつけると

基礎控除(38万~76万)+給与所得控除65万=103万~141万

 

と言うわけで、141万までは段階的に少なくなりながらも

控除はつくわけです。

 

その上限が、141万から201万に引き上げられました。

 

ですので、

今まで年収103万円を超えてしまって

扶養を外れてしまった奥様も141万円までは

減ってはいますが控除を受けられていました。

それが201万円まで段階的ではありますが控除がある

という事です。

 

以上が平成30年に始まる配偶者控除の変更です。

 

要するに

 

扶養控除103万の壁が150万になりました。

 

ただし、これは旦那さんの給与への課税が控除される

基準の年収の変更で、奥様自身にかかる課税の控除は103万円まで

それ以上は奥様自身に税金がかかってくる。

 

その103万円を超えて扶養控除から外れてしまった奥様にも

配偶者特別控除という

141万円までは段階的に控除をしてくれる制度があります。

こちらの上限も201万円に引き上げられました。

 

という事です。

 

扶養の範囲内でもうちょっと稼ぎたいなと思っていた方は

いかがでしょうか?

 

 

ちょこちょこ聞かれる事

 

聞かれる事っていうか、

大体の方がよくわかってない事なんですが

 

上で話した税金の扶養と

健康保険の扶養は別物です。

 

なんで同じ言葉を使うのか本当に理解に苦しみますが

ここで話したのは

税金の扶養控除。

働く人の扶養に入れば働く人も扶養に入る人も

税金の免除が増えますよっていうもの。

 

健康保険の扶養は

働く人で社会保険に加入している人の扶養に入れば

働く人が払う健康保険料で扶養に入った人も

健康保険を使えますよっていうもの。

 

2つは別のものなんで

収入の制限の範囲内であるならば

片方しか入らないのもいいですし

両方入っても構いません。

 

 

ちなみにこの健康保険の扶養に入るための収入制限

いわゆる130万の壁ですが

これも平成28年から変更が加わっています。

 

従業員501人以上働く事業所では

 

・週20時間以上の勤務時間

・年収106万円以上

・1年以上勤務

 

の条件を超えると

働いている会社の社会保険に入らなければならなくなりました。

 

さらに平成29年の4月からは

500人以下の事業所であっても上記の条件があれば

労使の合意のもと

会社の社会保険に加入が可能になっています。

 

 

わかっていただけたか、

自分の説明力にいささかの不安を覚えますが

みなさん来年からはちょっとお気を付けください。