タイラより発信中

映画と漫画と総務の知識。

「漫画キャラの作り方1」他人と同じ奴に世界は開けない。

 どーもタイラです。  

5回目!!!

  

今回からはアイデアの作り方でも言及しました

キャラクターの作り方(パート1)!

 

得意な人はパパパっとできるようなんですが

私は訓練と勉強が必要でした、、、。

 

なので、キャラクターをただぼんやり作って

なんが締まらない、特徴の出ない作品になってしまい

お悩みのあなた。

 

寄ってらっしゃい見てらっしゃい。

そこらのセンセイの解説より

砕けて説明しますし

 

何より無料(タダ)ですぜ。

 

 

では始めます。

 

キャラクター作りで見事というか

入門で参考になって分かりやすいのは

昔の漫画になりますが

 

ハイスクール奇面組!!

 

作者の新沢基栄さんもご自分で

キャラクターを作るのが得意だとおっしゃてました。

 

ギャク漫画だから参考にならないとか思わずに

コツだけ奪いましょう。

 

非常にわかりやすい作り方をしてらっしゃいます。

 

例えば

 

運動が得意な「腕組」

 

※若い方は奇面組を読んだことかないかもしれませんので注釈

 奇面組という漫画の中では

 特徴をもったキャラクター達が

 5人組を作ってスクールライフを送っていて

 変人5人組だったり不良5人組だったりします。

 

で、「腕組」と名乗る5人組は運動が得意なグループです。

 

そしてそのリーダー

その名も

 

雲童 塊 (うんどう かい)

 

一発で覚えるでしょう!?

当然、誰よりも運動が得意です。

 

 

一歩目はコレです。

 

 

一つ、ほかの事をほっぽらかしてもいいので

特徴をとにかく特化させる。

 

  

その為に

 

能力・・・例えば運動が得意

名前・・・ダジャレでも、音の印象でも特徴を強化するような

外見・・・運動が好きならスポーツメーカーの服着ますよね

性格・・・スポ根、熱血、前向き

口調・・・声でかい、口癖

癖・・・・ガッツポーズとか

好物・・・プロテイン

 

とかくっつけて作り出していくわけです。

キャラクターの人となりが見えてきますよね。

 

人間一事が万事

っていうのはキャラクターにも言えます。

 

ガリ勉キャラが日々プロテイン飲んでても

説得力ないですからね。

ガリ勉キャラにはメガネとドコサヘキサエン酸を

与えましょう。

 

そういう細かいところが本当に大切です。

 

ここを意識的にやらないで

なんとなくストーリーに必要だからって理由で

なあなあなキャラクターを入れると

ストーリーがあらすじを読んでいるような

平坦な漫画になってしまいます。

 

だから

なんとなくこんなキャラクター描きたいなって思ったら

まずは特徴を強化していきましょう。

 

その後にもまだポイントはありますが

まずはそこからです。

 

 

この奇面組、子供のころ私はこの漫画が大好きでした。

 

主人公は「一堂 零」(いちどう れい)

 

奇面組のリーダーです。

劣等生で変人で変な顔(だから奇面組

周囲からはバカにされているのですが

そんなのは気にもせず

毎日をしたいがままに楽しく過ごす。

自分が変である事にポリシーを持っているんですね。

 

 

 

そして彼は言います。

 

 

 

 

 

 

「人と同じことができなくたっていいじゃないか。

人と同じになろうなんて不自然きわまることだ。

頭が悪けりゃその分、頭のかたいことでも自慢しろ!

人に迷惑をかけん限りは自分の好きなようにやれ!

どんな不細工な顔でも慣れれば見れる!笑われて恥じるな。

そういうときはいっそのこといばってみろ!

そもそも人間とは、

ひとりひとり別の個性を持って生まれてきたものではないか。

これからはそれを隠すような不自然なことをせず、

それを磨き、堂々とさらけだしてやればいいのだ!

 

私たちは社会を動かす立派な歯車にはなれない。

  

だったら社会を味付けする調味料になろうではないか!!」

 

 

 

シビれましたねぇ、、、。

 

ギャグ漫画の主人公が大見え切って言うわけですよ。

 

これを読んで自分は個性的な人生を送ろうと決意しましたね。

いま平凡なサラリーマンですが。

 

で、なんで今こんな話をしたかと言うと

 

その強調した特徴にも意味がなきゃいけないんです。

 

作者の新沢基栄さんは

ちゃんとこういうテーマをこめて作品を作っていたんですね。

もちろんギャク漫画なんでストーリーは

荒唐無稽なギャク漫画ですけども

 

そのテーマを体現する主人公・一堂零

 

そしてその一堂零が、ハチャメチャで

なんの意味もないスクールライフを送っているように見えて

いろんな人に出会い

トラブルを起こしたり恋愛したり部活で勝負したり

しながらギャクで笑わせながらも

水面下でそのテーマを証明しているわけです。

 

その自分らしくあれというテーマの権化である

一堂零がほかの出来事や人間と関われば

どうやってもそう見えてくるわけです。

 

 

 

そしてそのテーマの強さゆえ20年以上たっても

私のように心にそれを刻み込んでいる人間がいるのです。

 

 

 

あなたの漫画もそうならなければいけません。

 

そしてこの、一堂零。

北斗の拳のレイのモデルだそうです。

同時期に連載しててコラボ企画か何かで

レイが生まれたとか。

南斗水鳥拳、こっちも大好きでした。

 

ちなみに、先ほど恋愛と出ましたが

奇面組はもちろんモテません。

本人たちは必要としていませんけども。

 

でも河川 唯(かわ ゆい)

というちょっとかわゆい

女の子に好かれています。

 

これもまた上手なところで

なにか自分の確たるものがなくてモヤついていた

唯ちゃんの前にさっきの一堂零のセリフが

ぶつけられるんですね。

 

ま、ラブコメ路線っていう事もありますが

読者と一堂零との関係でもある訳です。

 

あと、劣等生がモテればうれしいですしね

逆転現象として。

 

ですので

イデアの作り方でも言いましたが

そのアイデアの意味を考える。

大事になってくるのです。

 

とりあえず、一回で終わらせようと思ってましたが

終わらなそうなので次回へ続きます。

 

あなたも

社会を味付けする調味料になってください。

切に願います。

 

かんばれ!!

 

f:id:agtiba:20171115212539j:plain