タイラより発信中

映画と漫画と総務の知識。

「漫画アイデアの作り方4」 感じろ。それが生き残る方法だ。

 どーもタイラです。 

4回目!!!

  

前回に引き続き

イデアの作り方(パート4)!

 

今回は①のキャラクター主軸のアイデアともう一方、②の

 

感じた感覚や感動のシーンやコンセプトを

表現したくて

それを表せる主題を考え始める。

 

を説明します。

 

私はどっちかっていうとこっちなんですが

かっちりわかりやすい受けのいい漫画にするには多少考えねばなりません。

 

描きたいシーンや感動、テーマやコンセプトを表すために

どんな要素が必要か考えて

キャラクターやストーリーを配置していくイメージです。

 

ただ、これもその描きたいシーンや感動が

どんな意義、意味を持つのか考えなくてはいけません。

 

 

あなたは

「何を」

伝えたいですか?

 

 

ま、それがわかりゃ苦労しねえよ。

って私もさんざん思いましたが。

 

ただ、仮にあなたが賞を獲って担当編集がついたならば、

聞かれますよ。

ネーム(ラフに紙に起こした漫画のアイデア)の段階で。

 

もしくはあなたが本当に漫画家を目指していて

投稿だけではらちが開かないので

持ち込みも考えているならそこでも聞かれます。

(持ち込みのやり方や体験記もいつか掲載しましょう)

 

そしてあなたが答えられない限りは

担当編集が答えられるわけないので

二人で延々お見合いする地獄の時間が待っています。

また向こうもプロだからあなたから何か引き出そうと

粘られたりします。

 

もうっ、、、地獄。ヘル。インフェルノ

家に帰ってゆっくり考えさせてぇぇと思っても

なかなか帰らせてくれません。

 

まあ、そこは先の話としても

あなたの漫画を読者に喜んでもらうには

必要なことです。

 

特にこのコンセプトから漫画にしていこうとする場合は

グダグダになりやすいです。

 

あなたの伝えたい「何か」が読者の人生と重なって

共感、感動してもらわねばなりません。

もしくは新しい発見でもいいですが。

 

ぶっちゃけこれが「おもしろい」「感動」

の仕組みでもあります。

 

ですので、

ここはぼんやりやらずにしっかり言葉にしていきたいところです。

何をもって何を表してどういう感情を読者に伝えるか。

 

あなたかはっきり言えないものを

他人につたえる、感じさせるって無理ですからね。

 

そうやって考えていくと

不思議なことに

最初イメージしていたこういうシーンが描きたいなぁって

思ってたシーンが

実は不要だったりします。

 

結構ある事態で

それはそれでいいんです。

思い切って捨ててもいいです。

何を伝えたいかがわかっていれば

 

その感動を起こさせる別の効果的なシーンに

切り替わったという事ですので。

 

ちなみに

「読者に伝えたいこと」

っていうと立派なものでなきゃいけないという

ニュアンスが出てしまいますが

なんでもいいですからね。

 

おいしいもの食べた

好きな人ができた

試合で負けてくやしい

 

 

漫画ですから。

自由です。

むしろくだらないほうが共感を得られるかもしれません。

 

 

 

 では

具体的な作り方をアドバイスします。

 

どんなコンセプトを表現したいかわかったら(わからなくても)

似たような映画や漫画をたくさん観てみましょう。

 

その映画がどういう構成、

どんなキャラクターをもって何をしてどんな展開をして

何を感じさせられたか

考えながら観てみましょう。

ずいぶんこれで整理、精査されるはすです。

 

そしてそのコンセプトに関する書籍を3,4冊読んでみましょう。

これであなたはもうそこら辺にいる人よりも

そのコンセプトに関しては遥かに知識のある人になってます。

実はこれがすごい重要。 

 

 

ぶっちゃけその内容を漫画にするだけでも

物珍しいので賞は獲れる可能性があります。

 

私は過去に実験済みで

ある時代の生活風俗なんかを細かく調べまくって

そこを舞台にストーリーを描いたところ

 

やっぱり「なんでこんなに詳しいの?」

って賞にひっかかりました。

 

 

そして

やっぱりそれがどういう意義と意味を持っていて

その描きたいコンセプトを体現する主人公を考え

世界観の中で起承転結させていきます。

 

さらに

これは当時の担当編集から教わったのですが

・テーマ

・モチーフ

・パッケージ

に当てはめてみろと。

 

テーマは言わずもがな、あなたの言いたいことです。

 

モチーフはSFでも妖怪物でもスポーツといった対象です。

 

パッケージはそのテーマとモチーフをどう見せるか、外見ですねラッピング。

 

わかりやすく言えば、

そのテーマとモチーフで物語を作って、登場人物を全員美少女にすれば

パッケージは美少女物の漫画になるという事です。

 

テーマ:人間愛

ジャンル:SF

パッケージ:美少女もの

ちゃんとした漫画っぽくありません?

 

ここら辺は「ハリウッド脚本術」という

ニール・D・ヒックスって

 

モンキー・D・ルフィみたいな名前の人が書いた

脚本の効果的な書き方の本が有名です。

 

ただ、分厚い本で

内容も

けっこう細かいところまで突き詰めてあるので

初心者の人には難しいかもしれません。

 

何作か描いて

どうもカチッとしないなっとお悩みでしたら

試す価値はあります。

 

 

 

では、

描け!描くんだジョー!!

がんばれ!!

 

f:id:agtiba:20171112125346j:plain